わたしと私。

自分を大切にしながら生きるコト。

夏の通信簿。

朝になり、寒さが体に堪える季節がやってきた。


そして、6時でも真っ暗で起きるのが辛くなってきた。


私は冬は懐も寒くなるので、あまり好きではない。


そして何より日を浴びる時間が短いのと


寒すぎるのでこたつから出られなくなる。





私は飲食店で働いているため、


冷たいドリンクを提供することが多い。


この寒い時期にも氷がたくさん入ったジュースやスムージー


頼むお客様は飲んだ後にお腹を壊さないのだろうか?と


心配になる。(余計なお世話だろうけど。)






私が受けているヨガの先生に


「冷えがひどいのですがどうしたらいいんですかね?」と

聞いたことがあった。


先生は


「夏に冷たい物を飲みすぎるとお腹を壊すことがありますよね??


実は夏の食べるものが冬にも影響するんです。


だからよく冬に冷えが起きやすい人は夏に冷たい物を食べすぎていることも


原因と考えられるんですよ〜。


よく夏の通信簿ということもあります!」と言われた。



振り返ると夏は冷たい物を食べていた。






冬になると足から冷たくなり、最近では手先も冷たくなってきた。


身体を動かしていても、あまり温まることはない。


食べ物も身体に影響しているのかと


最近になって感じることが多くなってきた。




夏に冷たい物をどうしても食べたくなるのは


人間にとって当たり前のことだろう。


だが、冷たい物ばかりを食べていると


後々、身体に影響する。


冷え、頭痛、肩こり。。。


私はそのことを知ってから極力飲み物は「常温、暖かい物」にしている。




人間の身体の体温を考えるとだいたい36度くらい。


それ以下のものを食べると内臓まで冷たくなってしまう。


まるで身体に鞭打っているみたいな感じだ。



そしてこれからの季節は


冷たい飲み物ではなく、温かいものを飲むようにしよう。



冬の本番はこれからだ。



f:id:Manamee:20201129190337j:plain
沖縄のソーキそば。確か温かい物だった気がする。