わたしと私。

自分を大切にしながら生きるコト。

特別だけど特別じゃない。

最近、青春時代を思い出すことが多い。


あの頃の合唱曲を歌ってみたり、


人気だったドラマや映画、音楽を聴いてみたり・・・




あの時の自分は、特別な人間だと思っていた。


親や祖母、周りからチヤホヤされて


育ってきた私は「自分って特別なのね!」と


無駄に自信を持っていた。




だが、その特別感はある時崩れた。


テレビに出てる人たちを見ていると自分よりも


「特別なのではないか?」と感じるようになった。


そして「自分は情けない」に変わった。





高校生になり、社会人になり


私は自信をなくした。


自分は情けない。可愛くない、ダメな人間だ。


いつしか自分を傷つけるようになった。




そんな日が続いた。





それから仕事を辞めてリゾバをし、


いろいろな人と出会ってきた。


出会ってきた人たちは生き生きと楽しそうに


仕事と遊びを楽しんでいた。


そこには自分を周りと比べたり、


自分を傷つけたりはしていなかった。


むしろ自分を大事にして、周りを尊重していた。




リゾバが終わり、


自分の街へ戻ってきた時、


ふと気づいた。



「自分は特別だけど特別じゃない。


だから周りの人と比べることをしなくていいのだ。」



そしたら自分の中で


今まで縛られていたものが外れた。



あの時の外れた感覚を今でも忘れない。





きっと今日も


どこかで自分と誰かと比べている人がいるのだろう。



比べても意味がない。


その人とは人生も身体も心も違うのだから。




だからこそ、自分の好きなことをして


誰かを喜ばせたり、笑わせたりしていいのではないか?


誰もが自分を見ているわけじゃない、


自分を見ているのは自分だ。



そして自分は特別だけど特別じゃないことを気づいてほしい。



そうすることで、自分は思いっきり人生を楽しめるのだから。




f:id:Manamee:20210206213116j:plain
人の数だけ物語があり、愛がある。

気分屋。

昨日思っていたことが

今日になると、

ガラッと変わっていたりすることがある。




寝る前までは、


「明日は必ずここへいく!」と決めていたのに、


朝になると「やっぱりやめた。」と変わってしまう。




これに友達や家族が関わってくると


大変なことになる。


「昨日までああ言ってたのになんで?」と


喧嘩になる可能性もでてくる。




その時は嘘でもいいから、ちゃんと答えてあげよう。


「今日は危ないから行くのをやめた。」や


「用事が入ったから」と。




決めていて、変わってしまうことは


それは仕方ないと思う。


私たちはロボットでないから


感情が揺れたり変わったりすることは


むしろ普通と思っていい。





当たり前だ。


誰だってあること。





気分屋は嫌われるが、


人に迷惑をかけない程度に


感情の揺れ動きを楽しんでみよう。

f:id:Manamee:20210125181653j:plain
コロナも人も気にせずのーんびりしたい。

習慣化してみる。

3週間続けてみたら変わった。と本で読んだことがある。



私は根っからのズボラだ。

ズボラすぎて自己嫌悪に陥ってしまうくらい

続かない。



ウォーキング、スイミング、ランニング・・・

痩せるからと言ってやってみた運動はほとんど続かなかった。




唯一続いたものといえば、

それは「ヨガ」だけだった。

もう7年以上続けている。

正直ここまで続いていることに私自身も驚いている。




私がヨガに出会ったのは就職して2年経った頃だった。

当時はストレスも溜まりまくりで運動不足だった。

運動も嫌いだしな。。と思いながら

テレビを見ていると

身体がすっきりしたとイモトさんが語っていた。(私の記憶上)

「本当なの?」と思い

まずは自分の近くでやっているから初めてみようと

参加してみた。



ヨガをしてみて、思った以上に身体がスッキリ。

ランニングした後の辛い感じや苦しい感じもなく、

帰りは気分が軽くなった。




それからヨガを続けていくうちに身体が変わっていくことに

気づき、私はヨガをかれこれ7年以上細く長く続けている。





ヨガを続けていたときに、インドのヨガ講師から

話を聞く機会があった。



「歯を磨くように、私はヨガを続けている。

実際に毎日やるのは難しくても、

続けていくことで身体は変わってくる。」


なんでもそうだが、やることで身体は変わってくる。

習慣化することで変わってくるのだと。



ただ、習慣化してしまうと適当になってくることもある。

また、物を習慣化してしまうとよくないこともある。



習慣化してしまうまではなかなか大変だ。

私も続けることが辛い時もあった。



だがこのまま何も変わらず、

自分の身体のことを知らないまま

人生を終わらせてしまうか?と思った時に

それは嫌だな。と感じた。




まずは自分で続けられそうなことがあるのならば、

続けてみよう。

そして続けている自分を褒めてあげよう。



続けないで3日でやめてしまう人もいる。

仕事も、運動も勉強も・・・



習慣化してみたら

今度は飽きが来ないように

アレンジしたりしてみよう。



自分の変化に気づき、

だんだん楽しくなってくるから。


f:id:Manamee:20210120183052j:plain
朝日を見ながらのヨガはとっても気持ちよかった。